BLOG美容室のヘアアイロンと市販のヘアアイロンはどう違う?

画像

美容室のヘアアイロンと市販のヘアアイロンはどう違う?

2020.7.20

プロ用のヘアアイロンは幅広い温度調節ができるという特徴があります。だいだい40度~200度前後まで設定することができ髪の状態やダメージ度合に合わせて適切な温度で使用することができます。一般用のヘアアイロンの温度はだいたい150度までしか上がらずヒーターの性能と髪質によっては全くアレンジできないこともあります。

美容室と市販のヘアアイロンの違い

持ちやすさや操作のしやすさへのこだわりが違います。

市販の物は見た目にコストがかかっている印象です。美容室で使用しているヘアアイロンは長期間・長時間の使用にも耐えられるようプレート(ストレートアイロンで髪を挟む部分の)やバレル(カールアイロンの金属部分)の耐久性が高いです。具体的に構造から説明すると、ヘアアイロンは「プレート」・「バレル」・「ボディ」・「コード」に分けられます。

プレートとはストレートアイロンで髪を挟む部分のことで中にヒーターが入っています、このヒーターの構造でストレートアイロンの質は変わります。ヒーターには「シングルヒーター」「ワイドヒーター」「ダブルヒーター」があり、このヒーターの性能でストレートアイロンの価格は決まります。

シングルヒーターは安価なストレートアイロンに使われているヒーターでプレートの中心に小さなヒーターが入っています。ヒーターの入っていない両端部分の温度が下がりやすく真ん中だけが高温になります。その為、均一に熱を伝えられず伸ばすのに時間がかかってしまいます。

ワイドヒーターはヒーターの部分が大きく作られており短時間で髪全体に熱を伝えられます。素早くストレートにできますがストレートアイロン自体が重くなり持ち手には負担がかかります。

ダブルヒーターは高価なストレートアイロンに内蔵されている、ヒーターが2つ配列されたタイプで効率的に髪へ熱を与えられます。短時間できれいにストレートにでき、美容室の多くはダブルヒータータイプのストレートアイロンを使用しています。価格は割と高めです><

バレルとはカールアイロンの金属部分のことで プロ用はチタンやセラミックなど髪の傷まない材質が使われています。一般に売られているカールアイロンの材質は分かりません、スミマセン。

チタンは摩擦による髪へのダメージが一番少なくスタイリング剤や薬剤にも強いためヘアアイロンも長持ちします。セラミックは熱伝導が早く毎朝や時間がない時には素早く温まってくれるので便利です。どちらの素材も非常に髪の滑りが良く余分な摩擦を与えません。

ボディはストレートアイロンの場合、新品の状態ではまっすぐです。一般用は使い込むうちに熱と握力によって先が嘴のように開いていき次第に髪がすり抜けて挟めなくなります。プロ用のものはプレートとヒーターの下に入っているスプリングでプレート部分が調節されています。なのでアイロンが変形しても髪がこぼれずにセットできるのです。

カールアイロンはクリップ部分になりますがプロ用は適度な強さでしっかりと髪を挟んでくれます。一般用では挟む力が弱すぎてカールがつかないこともあります。

コードもプロ用のものは強度も高く、断線しにくいものが使用されており、付け根部分からコードが回ってどの角度からの使用にも耐えられるように作られています。

美容室専売のヘアアイロンは購入可能?

当店では取り寄せになりますが購入可能です。

今時はネットで検索したら美容室専売の物も売っていたりしますのでご自身で調べて買うことも可能かと思います。

ソワンシュールではお客様とのコミュニケーションの中でオススメ出来るものを紹介させて頂きます、興味のある方はご相談くださいませ。

ソワンシュールにLINEで予約はこちら

ヘアアイロンの選び方あれこれ

ストレートアイロンの選び方

ストレートアイロンを選ぶ時は、サイズよりも温度と価格をチェック!

価格の相場

ストレートアイロンの価格は正直ピンキリです。一般の方でも知ってる家電量販店のアイロンだと中には高い物もありますが1万円前後、または1万円以下でも買えたりもします。プロ用となると2万円~3万円くらいが相場です。

購入の際には温度に注目

ストレートアイロンを買うときは温度に注目してください。よくあるストレートアイロンだと最高温度が200度くらいのものが多く、高いほうが温度の幅があって使いやすそうに見えますが、正直、最高温度は無視していいと思います。

私の場合でもサロンワークで使うときのストレートアイロンの温度は150度前後なので、最高温度は気にせずに選ぶと良いかもしれません。髪のクセを高熱でしっかりと伸ばすことができても髪が傷んでしまったら意味がないので、200度の温度設定はやり過ぎかもしれません。

カールアイロンの選び方

カールアイロンの選び方で重要なのは大きさです。大きさをミスってしまうと思ったようなカールが出なかったり、髪がクルクルになりすぎたりするので注意しましょう。

一般的に買う大きさだと18mm、25mm、32mm、38mmくらいが多いかと思います。髪の長さでカールアイロンの大きさを選ばないと失敗するので、目安としてはこれくらいをイメージしてもらえるといいです

太さ・サイズ

カールアイロンはサイズ選びが最も重要です。

サイズ選びのポイントは、髪の長さに合わせて選ぶことです。

ロングヘアの方であれば、太めのアイロン(32mm〜38mm)が使いやすいでしょう。

細いアイロンで巻くと、回転数が増えてクルクルになってしまいます。逆にショートの方であれば細め(18mm~25mm)がおすすめです。

下記を参考にして下さい。

髪の長さアイロンのサイズ
ショート18mm,25mm
ボブ25mm,32mm
ミディアム32mm,38mm
ロング38mm

持ちやすいグリップ・本体重量

グリップも様々な形がありますし手のサイズや使い方によって異なりますが重量も450g前後くらいを目安に探してみてください。

共通でチェックするポイント

機能

最近は高機能なヘアアイロンがたくさんあります。ライフスタイルに合わせて機能で選ぶのも良いかもしれません。

自動電源オフ機能

ヘアアイロンの電源を消し忘れたか不安になる事ってありませんか?

自動で電源が切れるヘアアイロンだと消し忘れたとしても安心な機能です。

海外対応

海外に旅行や仕事で頻繁に行く人はヘアアイロンが海外対応だと渡航先でも安心して使えて便利です。

温度調節機能

ヘアアイロンは必ず温度調節機能がついているものを選んでください。

アイロンは髪に対して熱を与えるので髪のダメージ度合によって温度調節する必要があります。

プレート素材

アイロンによってプレート素材が異なります。

チタン

チタンは摩擦が少なくプレートと髪の滑りがとてもなめらかなのが特徴です。

金属でできており熱伝導に優れていて高音まで素早く温まります。

紫外線を当てると抗菌効果や浄化作用で清潔に保つ事ができます。

そして耐久性にも優れています。

セラミック

セラミックも熱伝導がよく高温まで素早く温まります。

テフロン

髪通りの滑らかさが良い素材です。

摩擦が少ないため髪が引っ掛かりにくいのが特徴です。

テフロン加工のされているヘアアイロンは安価な商品に多い傾向があります。

原材料が安価ということでしょう。

コードの長さ

使う環境や場所に合わせてコードの長さで選ぶのも重要です。

個人的には2mがおすすめです。

おすすめカールアイロン

クレイツというメーカーのアイロンがオススメです。

カールアイロンだけでも何種類も有るのですが中でも”イオンカールプロ”と”エメレアカール”のどちらかを選んで頂ければ間違いないかと思われます。

エメレアカール

プレート&パイプに、従来のクレイツイオン®効果を更に高めた「プレミアムクレイツイオン®」を配合。プレミアムクレイツイオン®の「遠赤外線」効果により、スタイリング時に失われがちな毛髪水分の蒸散を抑え、髪内部の水分バランスを整えながらしっかりと「潤い」を保持。使うたびに潤いとツヤを取り戻し、美しいカールを長時間キープします。

失われた毛髪内の水分バランスを整え使うたび艷やかで美しいカールヘアに。
引用元: https://createion.jp/products/elemeacurl

イオンカールプロ

パイプ表面には、髪滑りが良く耐久性の高い「クレイツイオン®チタニウム」加工を採用。パイプ部には弾性に優れ、髪に優しくフィットする「クレイツイオン®シリコンラバー」を搭載。適度なテンションをかけるながら弾力のあるカールをつくることができ、美しいツヤも与えます。

クレイツイオン®チタニウム&クレイツイオン®イオンシリコンラバー加工
引用元: https://createion.jp/products/curlpro-sr

クレイツは美容師でも愛用している方が多い人気のメーカーで、カールアイロンやストレートアイロン・ドライヤー等も数多く発売しています。

さらに高額で良ければ”ホリスティックキュア・カールアイロン”がおすすめ。

クレイツとホリスティックキュアーズがコラボした商品が”ホリスティックキュアシリーズ ”です。

ホリスティックキュアカールアイロン

ホリスティックキュアカールアイロンは、自然界に存在する、天然ミネラルを豊富に含む鉱石数種類をアイロンのパイプとプレートに加工し、髪本来の素材を内側から根本的にケアする「ホリスティックビューティ」発想のカールアイロンです。

引用元: https://holisticcures.jp/product/archives/6030
素早く巻けて、崩れない とろける艶カール。

おすすめストレートアイロン

アドストというメーカーのアイロンがオススメです。

ADST(アドスト)はネットで検索して購入することも可能ですがプロ仕様のストレートアイロンになります。

アドストストレートアイロン

これまでのアナログ制御に対して、操作性向上と精密温度制御を行う新世代の温度プロセッサーを開発しました。

新技術を使う制御基板は独自のアルゴリズム(演算手法)を盛り込みセラミックヒーターの温度を960ナノ(10億分の1)秒単位で計測・制御。

さらに、使用状況や目的に合わせて最適な温度調整を行う「アダプティブヒートコントロール(AHC)適応型温度制御」を搭載。

「ノーマル」「パワー」「ダメージ」のモードからお好みの設定を自由に選択できる最新テクノロジー。

一台で3台分のアイロンワークを堪能できます。

ハッコー社HP
引用元: http://www.hakko88.co.jp/03_p01_ADST_01.html

カールアイロンとシリーズで揃えるなら”クレイツ”シリーズよりも” ホリスティックキュアシリーズ ” で揃えるのをオススメします。

ホリスティックキュア ストレートアイロン

潤滑性の高い「キュアクリスタルプレート」だから、キューティクルを傷めず スタイリングが可能。また、キュアクリスタルプレートの「育成光線(テラヘルツ波)」による皮膜形成効果で、キューティクルを引き締め、ツヤのある美しい髪へと導きます。

キューティクルを傷めず、使うたびにツヤやかな髪に。
引用元: https://holisticcures.jp/product/archives/6040

ヘアアイロンを使う人に伝えたいこと。

「絶対に濡れた髪にアイロンを使用しない」

基本的に乾いた髪にアイロンを使用し濡れた髪には使用しないということは知られていますがアイロン前にカールキープスプレーを使う方の話をよく聞きます。

「そのスプレーで髪は濡れてますよ」

案の定、髪は「ジュッ」と鳴り水蒸気爆発を起こしていたみたいです。

ソワンシュールに問い合わせはこちら

コロナ対策!美容室ソワンシュールの取り組み

ソワンシュールにLINEで予約はこちら

岡 真吾

岡 真吾

スタイリスト歴20年以上。美容専門学校の講師として300人以上の学生を指導した確かな技術で、再現性のある美髪スタイルをご提案します。