BLOG【必読】抜け毛が気になる方へ、原因と対策

画像

【必読】抜け毛が気になる方へ、原因と対策

2020.6.25

もともと髪の毛は 1日に50~100本程度は自然に抜けるといわれています。髪の毛が長いと、抜け毛のボリュームも多く見えて増えたと思われる方も多いです、しかし100本ほどの抜け毛であれば「安心してください」心配する必要はないでしょう。

抜け毛が悩みの方は女性も男性も多く来店されます。

相談もよく頂くので今回は記事にしたいと思いました!!

ヴィラロドラ シリーズ

抜け毛には種類がある!

抜け毛には「自然脱毛」と「異常脱毛」の二つの種類があります!

自然脱毛

上に書いた「一日100本」は「自然脱毛」でヘアサイクルにより、成長期を過ぎ、退行期・休止期に入った髪の毛がシャンプーなどで抜けています。

日本人の髪の毛は平均10万本あると言われています、その中でヘアサイクルにより休止期に入っている髪の毛が1万本あります。

日々の生え変わりにより、毎日多少の抜け毛があるのは自然のことです。

異常脱毛

「異常脱毛」とは産後の脱毛症や円形脱毛症、男性型脱毛症とよばれるような頭部の一部が薄くなるなど自然脱毛とは異なる脱毛です。

シャンプーやスタイリング剤のアレルギー、ストレス・生活習慣の乱れ、疾患などが原因で頭皮の状態が悪化し髪の毛の成長期が短くなり髪の毛が育ちきらないうちに抜けてしまう様な現象も異常脱毛にあたります。

異常脱毛の見分け方

自分の抜け毛が「自然脱毛」か「異常脱毛」かの判断の目安にチェックするポイントをお伝えします、参考程度に見てくださいませ。

1.抜け毛の太さ・長さ

自然脱毛の髪の毛は、ある程度の太さがありますが、抜けた毛が細く・短い場合は成長途中で抜けている可能性があります。

2.毛根の色・形

自然脱毛の毛根は根本の方が髪先から次第に白くなっていきマッチ棒のように丸く膨らんでいます。しかし、色が全体的に白い、色が全体的に黒い、形がいびつ、形にくびれがない、というような髪の毛はトラブルが原因で抜けている可能性があります。

3.抜け毛の本数

一日に抜けてよい本数は100本程度ですので200本とか明らかに抜けている場合は異常脱毛を疑い対策が必要になります。

抜け毛の原因とは?

対策の前に抜け毛になりやすい原因について、いくつか紹介しておきます。

加齢

加齢により髪の成長サイクルが乱れ髪が抜けてから新たに生え始めるまでの「休止期」が長くなり髪が細くなったり抜けやすくなったりします。

血行不良

頭皮が硬い方は血行不良の可能性があります、毛根は頭皮の毛細血管とつながっており、血行が悪いと毛根に栄養が行かなくなります、その結果、毛が細くなったり抜け毛になったりします 。

紫外線

紫外線を受けると免疫機能やバリヤ機能が低下し頭皮が乾燥しやすくなります。乾燥しやすくなるとフケ・かゆみの原因になり、さらに頭皮の老化促進を促し抜け毛になったりします。

食事

髪はケラチンというタンパク質でできているのでタンパク質を摂取すると良いのですが炭水化物などに偏ると抜け毛の原因になります。

ストレス

ストレスは活性酸素を発生させています!さまざまな老化現象を加速させる活性酸素はもちろん毛根にも悪影響で毛が細くなったり抜け毛になったりします

睡眠

髪が成長するのに成長ホルモンはとても重要な役割をしています。慢性的に睡眠不足の方は髪だけでなく皮膚の細胞の生まれ変わりにまで大きな悪影響を与えターンオーバーやヘアサイクル等の周期がズレてしまいます。

遺伝

遺伝の薄毛は存在し抜け毛の原因です。

生活習慣

生活習慣の乱れは体内での新しい細胞づくりを阻害するため、抜け毛の原因となってしまいます

同じ髪型を続ける

髪を引っぱることで発症する『牽引性(けんいんせい)脱毛症』 というのがあり 、髪と頭皮の両方へ負担がかかりやすく抜け毛が増える原因になります。

抜け毛を減らすための対策

1、濡れ髪はドライヤーで乾かす

濡れている髪は脆く枕などの摩擦でダメージを受けやすく濡れたままだと頭皮の常在細菌が余計に繁殖してしまい頭皮が炎症を起こし抜け毛になります。

2、日付が変わる前に寝る

しっかり睡眠をとることで髪の成長を促す『成長ホルモン』等、多くのホルモンが分泌され予防に繋がります。

3、髪・頭皮用の日焼け止めの使用

日焼けは頭皮に炎症を起こすので抜け毛の原因になります、髪・頭皮用の日焼け止めで予防するのをオススメします。

4、タンパク質・亜鉛・ビタミンB群の摂取

美髪にはタンパク質が必須になります!タンパク質を髪の毛に変える為に亜鉛を摂ります。ビタミンB群は皮膚、粘膜の保護作用 があり健やかな頭皮にします。

5、シャンプーの方法を見直す

抜け毛対策にシャンプー剤の種類も大事ですが「正しいシャンプーの洗い方」も大事です。

6、ソワンシュールでヘッドスパを行う

抜け毛対策にヘッドスパは有効ですのでソワンシュールで是非、体験してください。

ソワンシュールのヘッドスパ

正しい髪の洗い方・シャンプーの仕方

1、予洗いを1~1分30秒程行う

予洗いとはシャワーで髪をしっかりと濡らし、ある程度の汚れを流すことです。この予洗いを最低でも1分以上は行うようにしましょう。

2、シャンプー剤を手で泡立てる

シャンプー剤は直接、髪につけるのではなく、手のひらで泡立ててから髪に均一につけます。また、爪を立てずに指の腹でマッサージをするように優しく洗ってください。

3、トリートメントはしっかり流す

トリートメント成分が髪に残っていたほうが効果が高いと感じるかもしれませんが、髪に残りすぎることでかゆみ等の原因になる可能性がありま すのでトリートメントはヌルヌルしなくなるまで、しっかり流してください。

※ヘアケア商品には「頭皮用」の商品があります。

頭皮環境を整えるのにオススメ! MILBONのスカルプシリーズ

ミルボン スカルプ シリーズ

シャンプーについての記事もよければ↓

市販のシャンプーと美容室のシャンプーは何が違う?

敏感肌必見!美容室や市販のシャンプーのあれこれ

抜け毛対策にはヘッドスパがおすすめ

ソワンシュールではヘッドスパで頭皮のクレンジングを行い頭皮環境の改善を行い、マッサージで代謝を高め、リラックスすることでストレスを軽減させ抜け毛予防に繋げます。

ヘッドスパの詳細はこちら↓

ヘッドスパだけで美容院に通いたい奥様方の疑問

ヘッドスパは定期的に通うのがおすすめ

1回のヘッドスパでも、もちろん効果はありますが本格的に抜け毛や薄毛を改善したい場合には定期的にヘッドスパをする事を勧めております。

一般的に、皮膚が生まれてから剥がれ落ちるまでのターンオーバーの期間は28日です。抜け毛や薄毛の改善のためにヘッドスパを利用する人は、4週間~2ヶ月のペースで通うようにしましょう。ヘッドスパで頭皮環境を整えると1~2ヶ月は頭皮を健康な状態に保ちます。

ただし、ヘッドスパの回数を増やせば劇的に育毛できるという事でもございませんので予算を考えながら自分に合ったペースで利用くださいませ。

関連記事はこちら↓

ヘッドスパだけで美容院に通いたい奥様方の疑問

敏感肌必見!美容室や市販のシャンプーのあれこれ

市販のシャンプーと美容室のシャンプーは何が違う?

ソワンシュールに問い合わせはこちら

ソワンシュールにLINEで予約はこちら

美髪の伝道師 岡真吾

岡 真吾

岡 真吾

スタイリスト歴20年以上。美容専門学校の講師として300人以上の学生を指導した確かな技術で、再現性のある美髪スタイルをご提案します。